三峰神社の奥宮へ!

三峰神社の三ツ鳥居を出ると、奥宮参道入口までは、土産物店や食事処が並び、観光の色合いが強くなります。

クルマで来たのであれば、ゆっくりと買い物を楽しみたいところですが、そうはいきません。バスの発車時刻を考えると、時間はかつかつで、休憩の時間もほとんどないんですね。

でも、ゆるーりが大前提ですから、バスはその次でもいいかなとは思っています・・・。

12時35分、奥宮参道入口に到着です。三峰神社線の西武秩父駅行発車時刻は14時45分、果たしてどうなることやら・・・。

三峰神社参拝の日奥宮参道入口

杉並木の樹齢はどれも200年を超えるようなものばかり。整備された参道は美しく癒しの空間になっています。

三峰神社参拝の日奥宮参道杉並木

ロープウエイの文字が消された道標。

三峰神社参拝の日奥宮参道道標

妙法ケ岳登山道を行く!

奥宮参道の一の鳥居です。

三峰神社参拝の日奥宮参道一の鳥居

この案内板に出てくる『妙法ケ岳登山道』、その中の岳という文字が不安を増幅させるんですね。

岳がつく山に登るのは、初めてでございまして、もし、そこに三峰神社の奥宮がなければ、全く縁のない場所になることでしょう。正直なところ、山登りは苦手なんですね・・・。

でも今回は、靴が違います。大手のメーカーが高尾山用に開発したというトレッキングシューズを履いてきました。ただそれだけの事ですが、そんな根拠のない自信が、全ての不安を打ち消し、プラスの方向に駆り立ててくれています。

三峰神社参拝の日奥宮参道案内

参道は、一の鳥居から登山道に変わります。急傾斜地を一歩ずつ、ゆっくりと進みます。

三峰神社参拝の日奥宮参道状況

これは何。アジア系の風鈴みたいな・・・。初心者は、こういうものにも不安を煽られるんです。

【登山道 拍子木 熊】の検索により、いくつか出てきましたので一応ご報告まで。

三峰神社参拝の日奥宮参道拍子木

二の鳥居の周りは、杉の根が魅力的にその世界へ誘います。景観だけでなく、足元の階段になるのが素敵。

三峰神社参拝の日奥宮参道二の鳥居

歩行中、谷側の足にバランスが移動すると、ふわっと、そのまま落ちてしまいそうな感じがします。帰りの方とのすれ違いに結構気を使いますね。

三峰神社参拝の日奥宮参道急傾斜地

三の鳥居にさしかかるころ、きりが出てきました。というより、私が高いところまで来た、ということなんでしょうか。

三峰神社参拝の日奥宮参道三の鳥居

尾根の上はとても気持ちのいい場所です。山登りが好きになりそう。

三峰神社参拝の日奥宮参道尾根

奥宮参道最後の鳥居です。

三峰神社参拝の日奥宮参道四の鳥居

参道は、いよいよ『岳』になりつつあります。初心者には少しの不安が頭をよぎります。

三峰神社参拝の日奥宮参道岩場

階段かあ・・・。疲れ切った体に自問自答します。答えを出したその直後、鎖場を登り切ったところで・・・。

三峰神社参拝の日奥宮参道階段

突然のゴールでした。

13時41分到着です。本殿同様、二拝二拍手一拝し参拝を終えました。

天気が良ければ後ろ髪を引かれるのでしょうが、バスの時刻も気になり、全く未練なく・・・。

三峰神社参拝の日奥宮

来た道を帰ります。

三峰神社参拝の日奥宮参道鎖場

バスは?

バスまで40分、間に合うかも・・・。ところが、上りと下りでは、使う筋肉が違うようで足がふらつき、けいれんを起こしそうになります。

三峰神社参拝の日奥宮参道帰路

三峰神社の駐車場にあるバス停に到着したのは、思いのほか早く14時35分でした。

既にバス待ちの列はなく、座席はあきらめていたのですが、バスは臨時便による2台の運行でしたので、なんとか座れました。

14時45分定刻どおりに、西武秩父駅へ向けて出発します。窓の外を見ると、その時間でも次から次へと、クルマが駐車場に入っていきます。そして、バスの中も座れず立っている人が・・・。

パワースポットブームは衰えを知らずといったところでしょうか。

三峰神社は、日本武尊から始まり、武士の崇敬を受け、修験道としても繁栄し、猛々しいイメージばかりが先行します。

でも今は、一番高いところにある日本を創世したイザナギとイザナミを祀る神社なのだということです。

どんな方法であれ、ここまで来るのはたいへんな事で、ここへ来る事に大きな意味があるのだと思いますし、『山』は登ってみると案外『低い』ものなのかもしれません。

たくさんの人がここを訪れ、一歩踏み出す勇氣と古来からの清らかなエネルギー、そして、日出ずる国の誇りを持ち帰っていただくよう願うばかりです。

これで、秩父三社へのお参りも無事(熊との遭遇もなく・・・)終えることができました。

武甲山もいけるかなあ・・・。

でも次は、秩父札所第1番四萬部寺に、徒歩で参りたいと思います。

この記事を書いた人

つくいひであきゆるーり秩父、寺めぐり。管理人
ご覧いただきありがとうございます。
人混みは苦手、静寂を好み、格闘技を愛し、ときどきギターを弾きます。
仏教徒。でも讃美歌は好き。
スポンサーリンク